2018/07/21 14:26

奇緑屋店主のネリックです。

連日ものすごい暑さですね。まさに夏真っ盛りという感じ。

花屋の夏の風物詩といえば食虫植物。切り花が暑さで元気がない中、熱帯出身の彼らは陽気な色で現れて花屋の一角に並びます。
幼少期から夏になると食虫植物が身近にあったのでよく虫を捕獲してきてあげてました。(本当は良くないみたいです^^;)

 

仕入れのため農園を歩いていたとき、目に入ってきたのは幼少期に見た食虫植物を

はるかに超える大きさの「ナチュラル糸電話」のような食虫植物でした。

 

気がつけば、虫がひきつけられるかのごとく、目を奪われ仕入れておりました。

 

虫だけでなく人をもひきつけるその容姿。

 
 
 
 
捕虫袋の大きさは大迫力の約40センチ。
ナチュラル系糸電話のようなこの食虫植物の名前はネペンテス・ダイエリアーナ。
このカラーリングと模様の異様さには、虫だけでなく、奇緑ファンもメロメロにさせられます。
 

シルエットを楽しめるレア植物。

 

 

 

屋内にハンギングして飾って見ましょう。

下からの眺めるユニークな形状は見てて飽きませんし、部屋に入った瞬間にこの派手なカラーリングは目線に飛び込んできます。

たまには捕虫袋の中を覗き込んで見ましょう。たまに小さな虫が使っており、静かに食べられてる様子も伺えます。

 

熱帯をイメージして育てる。

 

管理方法としては直射日光を避けて日陰に吊るして育てます。水はしっかり与えてあげて下さい。

鉢の表面には苔がありますのでそこを十分に湿らせてあげましょう。

寒さが苦手ですので冬は暖かい部屋の中で育てます。

 

あなたのお庭にお部屋に珍奇植物を。

 

 

▼ナチュラル糸電話な食虫植物のご購入はこちら

https://www.kimidoriya.green/items/12404724

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

BASEページやInstagramに奇緑の情報をアップしておりますのでよろしければ他の奇緑についても

ご覧ください。

 

奇緑屋(BASE) https://www.kimidoriya.green

奇緑屋(Instagram) https://www.instagram.com/kimidoriya/